新商品、続々入荷中!

中古テレビを購入する際に注意すべき、5つのこと。

中古テレビ

中古のテレビを購入する場合、いくつかのポイントに注意をした上で購入することが求められます。家電量販店などでテレビを購入するのと勝手が違う部分がいくつもあるためです。

1つ目は製造年数です。最近のテレビは製造年がいつなのかが、見た目からでは分かりにくくなっています。ブラウン管全盛の時代、液晶やプラズマテレビが出始めの時代などはテレビの厚みである程度の年数を判断するということができましたが、最近はどれも同じような形になっています。確実に製造年を知るためにもテレビの型番で調べる、裏側に製造年が書いてないかを確かめることが必要です。

2つ目は使用時間です。特に液晶の場合はライトで光を当てるパターンがあり、電源をつけていた時間が長ければライトが切れる、チカチカするなどのトラブルが起こりやすくなります。テレビの使用状況を出来る限り調べることで、購入直後に故障したということを避けることができます。

3つ目は保証に関する問題です。例えば、中古のリサイクルショップによっては購入してから半年、1年の間に故障したら保証してくれるということをする店が存在します。しかし、ほとんどの店はこうしたサービスがありません。保証をつけてくれる店かどうかも押さえておきたいところです。

4つ目はHDMI端子の有無です。HDMI端子はブルーレイディスクを接続するために必要であり、できるだけ多くの端子があることが望ましいとされています。そのテレビをどれだけの期間において使うかにもよりますが、当面使うという場合にはHDMI端子のついたものが無難です。

最後に、違和感なく見ることができるかが大事です。ちょっと色味が悪い、チカチカする、暗く感じるというのは故障の前兆のようなものです。仮に修理に出すとそれだけで数万円かかってしまうことから、中古を購入する場合は新品以上に品質にこだわり、保証などがきっちりついているところで買うことをおすすめします。

リサイクルショップ

家具


エレクトロニクス

ホビー雑貨

サービス

クーラーメンテナンス・徹底洗浄・取付、格安にて出張いたします

リンク

Deeji沖縄

良く見られている商品

高価買取
PAGE TOP